AGAとは

AGAとは男性型脱毛症のことを指します。

 

近年よく聞かれる言葉で病院でも治療できることで有名な言葉です。

 

AGAになる主な原因は遺伝的要素と男性ホルモンのバランスです。

 

AGAというのは病名にもなっているものです。

 

他の病気と同じように病院で診察をしてもらい薬をもらうことができます。

 

しかしAGAは現在保険適用外となっているため治療費は全額自腹となってしまいます。

 

だからお金が続かないと満足な治療が得られません。

 

厚生労働省で認可されれば保険が適用されます。

 

しかしこれがなかなか難しくて厚生労働省から認可されている病気は生命に関わる病気です。

 

AGAは実際に生命に関わる病気とは言えないので認可は難しいかもしれません。

 

しかし本当に悩んでいる人はとりあえず一度診察を受けて薬を処方してもらい状態を見るのもいいと思います。

 

 

30代の主婦です。

 

 

もうすぐ40歳になる夫の髪の毛は30代後半から少なくなっていきました。

 

夫の父親もハゲだったので将来ハゲることは彼も私も覚悟していました。

 

いつかは・・・と思っていたので抜け毛が目立つようになってきても私は何とも思いませんでした。

 

しかし夫は大きなショックを受けたようで、出かける前には鏡でいろいろな角度から髪をチェックし気に入らないと分け目を変えたり帽子をかぶったり大変そうでした。

 

 

私は男が自分の見た目に気を取られすぎることが嫌いでした。

 

日曜日も鏡の前でウダウダしている夫に嫌気がさし「薄毛対策も面倒だし、この際坊主にすれば?」と冗談半分に言ってしまいました。

 

夫は一瞬ビックリしていましたが、私の言葉を真に受けて頭をバリカンで丸刈りにしてしまいました。

 

冗談だったのに本気で頭を丸めたので私も慌てましたが、意外と似合っていてさらに驚きました。

 

坊主にすると顔立ちが引き立って背の高い夫はモデルのように見えました。

 

目力も強くなり迫力があります。

 

悩みから開放された夫は明るく男らしくなり夫婦で満足しています。

 

 

ハゲと坊主は似ていても大きな違いがあると気付きました。

 

毛根にも優しそうなので薄毛に悩んでいる人にはいいと思います。

 

 

就寝する際の薄毛対策

美容師さんに、「夜寝る前には必ず、髪をよく乾かしてください」と言われた経験はありませんか。

 

髪が湿ったまま寝てしまうと、壮絶な寝ぐせがついてしまう他、髪自体にも大きなダメージが出るので、これは避けた方が賢明です。

 

 

 

特に薄毛対策を気にしている方は、自然乾燥なりドライヤーなりできっちりと髪・頭皮を乾かしてから就寝しましょう。

 

濡れたままの頭皮に、夜眠っている間雑菌が繁殖してしまうと、これは確実に頭皮を傷める原因になります。

 

この雑菌のせいで、朝起きた時に変なニオイがする・かゆみがある、という弊害も出やすくなるので要注意です。

 

 

 

できれば枕カバーなどをこまめに替えて、できるだけ清潔な環境で休みましょう。

 

これ以上頭皮頭髪にダメージをかけないという意味で、薄毛対策に効果があります。

 

 

 

 

 

 

aga 薬 効果     発毛 病院 ランキング     m字ハゲ 回復例     aga 治療 20代     はげ 治療 病院 千葉